グループホーム 派遣

グループホーム 派遣の仕事内容は?

仕事内容は掃除や洗濯、食事などの生活支援と、排泄、入浴などの介護支援、リハビリなどのサポートをします。
誕生日会などの各種レクリエーションの企画したりします。

 

グループホーム 派遣 どんな人が向いている?

 

グループホームでの派遣の仕事内容を上記で説明しましたが、
グループホームで仕事をする上で、向き不向きはあるのでしょうか?

 

向いている人は以下のような人です。

 

・認知症の人への理解を深めたい人
・アットホームな環境で働きたい人
・一人あたりの業務を幅広く行いたい人
・観察力のある人

 

それぞれ説明していきます。

 

・認知症の人への理解を深めたい人
グループホームは認知症の症状がある人しか入居してきません。
認知症の理解を深めたいと思っている人は勉強になると思います。

 

 

・アットホームな環境で働きたい人
グループホームは家庭的な雰囲気や家庭的な環境を作ることを方針としています。
共同生活を送るのも5〜9人と少数のためアットホームな雰囲気になりやすいです。
利用者との距離が近く、アットホームなところで働きたいという人にはぴったりです。

 

・一人あたりの業務を幅広く行いたい人
グループホームは1ユニットあたりの制限人数と、1施設にあたり2ユニットまでしか設けることができません。
そのため少数の介護職員しか働いていない場合が多いです。
少数の介護職員しかいないため、自ずと一人あたりの業務は幅広くなるという特徴があります。
1つのことだけでなく、幅広く介護サービスをしたい人にはぴったりです。

 

・観察力のある人
グループホームは認知症の症状はあるものの、自分で身の回りのことができる入居者ばかりです。
なので、介護サービスが求められるというよりも、入居者に目を配り、困っていたら手助けするような補助的業務がメインです。
観察力のある人は向いていると思います。

 

グループホーム 派遣の募集職種は?

 

グループホーム派遣の募集職種は、介護職員(ヘルパー)やケアマネージャー、看護師がメインとなります。

 

介護職員なら未経験者で働ける施設もありますが、グループホームの場合は難しいです。

 

グループホームは料理も作らないといけないので、経験者が優遇されるケースが多いからです。

 

ただ中には未経験でも雇ってくれる派遣先もあります。

 

 

グループホームとは

グループホームとは、自分で身の回りのことができる認知症の症状がある人が共同生活する施設のことをいいます。

 

グループホームは家庭的な雰囲気と環境を作ることを方針としているので、自宅に近い感覚で生活をおくることができます。

 

入居者は1ユニット最大9名の中で、1ユニット5人〜9人のユニットに分かれ、共同生活を送ります。
グループホーム1施設にあたり、最大2ユニットの制限があります。

 

グループホームにはどのような人が入居するの?

入居者は、自分で身の回りのことができる認知症の症状がある人です。

 

なお、グループホームは、重度の認知症の高齢者は入居できないので、
入居者の状態が悪化した場合にはグループホームを出ないといけません。

 

あくまで、自分の身の回りの世話ができないといけないからです。

 

 

介護職を通して感じた事
私は昨年の夏頃、夏休み期間を利用して近所の老人ホームでバイトをしていました。最初は祖父さん、祖母さんと会話してご飯を食べさせたり掃除やトイレの手伝いくらいだから私でも簡単だし出来るだろうと生半可な気持ちで始めました。しかし、現実はそんなに甘く無かったです。まず、出勤したら朝から歌を歌います。歌を歌うのがとても苦手な私はかなり抵抗があり毎朝とても辛かったです、更にその後はトイレの確認。トイレもただ付いていくだけではなく着脱はもちろん汚物がしっかり出たかまで確認。汚物が手についてしまう事もあり、かなり応えました。ご飯を食べさせる時も噛むのが遅く1時間以上付き添いで腕が攣りそうになり、仕事が終わる頃にはもうヘトヘトでした。でもそんな1ヶ月と少ししか働いていない私でも祖父さん、祖母さんの戦争時のお話を聞いたり昔からの知恵を教えて下さったり、昔の武勇伝を聞いたりとその時代の人にしか分からない体験談を聞けて感激した事ばかりでした。仕事が上手くいかなかった日もどうした?と聞いて下さったり「頑張ってるから、悩むんだよ」と言って下さった時はとても感激しました。気持ちがスッキリしたのを覚えています。たった1ヶ月と少しでこの仕事をしなければ絶対得られなかった経験を得る事ができて良かったです。またいつか機会があればやりたいと思う仕事になりました。

 

身体介護は身体的にも精神的にもけっこうなダメージがあります
身体障碍者施設で3年ほど働いていました。車椅子ユーザーが多く、トイレ、入浴、就寝介助の際には車椅子から移乗するので、とにかく体力がいります。全員とは言いませんが、けっこう肥満の方がいるのでなおさらです。あと、脱力系の障害がある方も重く感じます。障碍者の介助は基本は同性介助ですが、普段の活動の際は女性職員が男性利用者を移乗させることもあり、2人がかりで車椅子に乗せることもあります。体格のいい男性職員が一人で軽々と移乗させるのを見ると、体力があっていいなと羨ましく思います。一番大変だったのは、筋緊張のある方で、本人の意志ではなく勝手に手が動いてぶつかってしまったり、入浴時に手のひらを洗いたいのに意識すると開くのではなく逆に握ってしまうというケースがありました。本人は痛くないということで指を一本一本引っぺがして洗っていたのですが、なんだか痛々しかったです。車椅子に乗せる際も、体がピンと張ってしまってなかなか座位の姿勢を取れなかったので、2人がかりで体を抑え、骨盤を車椅子に押し込むように座らせていたのもやっていて切なくなる時がありました。このように体力的にも精神的にもけっこうなダメージのある身体介護ですが、それがやりがいにつながっているのだと思います。